​2019 Journey Guitars Japan

​株式会社アンコールMS

​email: info@journeyguitarsjp.com

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

Overhead™️ カーボンファイバー トラベルバッグベース

究極のトラベルベースをお探しならOB660カーボンファイバー トラベルバッグベースがその答えです。OB660は人間工学に基づくボディシェイプに優れた音響特性を合わせ持ち、カーボン・プリプレグを重ねて製造されるために非常に軽く仕上がっています。27インチのスケールにスクーパウェイ加工を施したジョイント部で高音フレットも弾きやすく、メンテナンスフリーのピエゾピックアップも備えています。最大の長所は、ネックを取り外して畳めば、ノートPCやエフェクターなどと一緒に55.9cm x 35.5cm x 22.9cmのバックパックに収納出来る事です。フルサイズのアコースティックベースの音質と十分な音量を持つベースをストレス無しに空の旅に連れ出したいとお考えならば、この小振りなトラベルバッグベースがその夢を叶えてくれる事でしょう。

*在庫なしの商品に関しましては、出荷前調整中の商品もございますので納期をお問い合わせください。

​*掲載商品の仕様・価格等は予告なく変更する場合や取扱いを中止する場合もございますのでご了承ください。

先端技術を用いてハンドメイドされるカーボンファイバー 

OB660 カーボンファイバー  トラベルバッグベースは Journey Instruments 独自の配合によるプリプレグシート(樹脂を含浸させた炭素繊維シート)を使用してハンドメイドされています。特許取得済みの音響板は、独自の細胞構造により驚くほど暖かくウッディで、それでいて明瞭なトーンを奏でます。ネック・指板・ボディそしてブリッジと、ベースの主要構造全てがカーボンファイバー で作られています。

OF660と安価なカーボンファイバー ギターとの違い

炭素繊維を小量(5%以下)しか含まない射出成型式の安価なプラスティックの楽器とは対照的に、OB660のカーボン部材は本物の炭素繊維生地を重ね合わせて作成されており、網目構造の炭素繊維がネック・ボディ構造部に占める割合は65-75%にも及びます。その高い耐熱性を持った強靭な構造は、移動中に楽器を車のトランクに入れておく事が多い方や、高温の砂漠や熱帯雨林を訪れる冒険旅行に出掛ける方たちにとって大きなメリットとなることでしょう。また、高い炭素成分比率はサスティンの長さと響きの良さにも貢献しています。調整幅の大きいデュアル・アクションのトラスロッドを備えたネックとベース全体にわたる強靭なカーボンファイバー構造により高温環境でのネックとボディの脱着も問題なく行えます。

人間工学に基づく設計

OB660カーボンファイバー トラベルバッグベースは最も人間工学に優れたアコースティック楽器のひとつであると言えます。

The Manzer© wedgeがもたらす傾斜角度は、運指する腕の重さを自然に指板に伝える事で手首へのストレスを軽減し、楽な角度で弦をストローク出来る事により肩の張りや疲労を抑えます。

Bevels- 面取り加工: ボディの腕と身体が当たる部分にはベベル(面取り)加工がされており、OB660をとても快適で抱え易いギターにしています。

Scoopaway- えぐり加工:  カッタウェイ加工に代えてスクーパウェイ(えぐり)加工を採用した事により、OB660はカッタウェイ無しのベースに近いボディ容積を確保しつつも高音フレットへの容易なアクセスを可能にしています。

スケールと演奏性

OB660カーボンファイバー トラベルバッグベースはショートスケールの27インチ(685ミリ)スケールを採用しており、適度な弦のテンションによる楽な運指と充分な音響性能とを両立しています。

1.75インチ(44.5ミリ)のナット幅と薄目のC-シェイプのネックはどんな手にも馴染み易く、高い演奏性を実現しています。

​ネック脱着システムの設計について

改良を重ねて完成したネック脱着システムにより20秒以内でのネック脱着を可能としているだけでなく、ネック角度の微調整機能も兼ね備えています。つまり、ボディ裏側のノブを回すだけでメロウなフィンガーピッキングのセッティングから激しいスラッピングのセッティングへと変更できるのです!この事は、色んなスタイルで演奏したり、ネック・セッティングの変更が必要となるベーシストには大きなメリットとなります。

​厳選されたパーツ

OB660カーボンファイバー トラベルバッグベースにはハイエンドなベースに使われているパーツを奢っています。ペグは精密な18:1レシオ、ナットとサドルは本物の牛骨、エボニーのブリッジピン、そしてD'addarioのラウンド・ワウンド・フォスファー・ブロンズ弦(フレットレスはD'ddario Chromeフラットワウンド弦)。これらが温かくバランスの良いアコースティック楽器本来の音色を支えています。

​音色について

OB660カーボンファイバー トラベルバッグベースを設計する上で一番に優先したのは音色でした。炭素繊維シートを一方向に揃えた表板、炭素繊維シートの織目を組み合わせて独自の積層方法で作られたサイド/バック、オフセットされたサウンドホール、そして同じくカーボンファイバー製のブリッジや指板と他のパーツ全てが調和して、小振りで弾きやすいベースから驚くほどにスケールの大きい音を作り出します。JourneyTekのピエゾ・ピックアップの出力をPAやアンプに送れば、OB660カーボンファイバー トラベルバッグベースはアップライトベースを思わせる音色を奏でます。イコライザーでの補正すら必要としません。

​ピックアップについて

OB660カーボンファイバー トラベルバッグベースにはJourneyTek™ピエゾ・ピックアップを搭載しています。高出力なドイツ製のピエゾ素子を用い、バランスの良い音色を出力し、楽器の素晴らしい音色を余すことなく表現します。バッテリーも不要です。

あるアーティストがOF660カーボンファイバー  トラベルバッグギターを誤って水路に落とし、3時間もの間水没させてしまった事がありましたが、ギターの中に入ってしまった水分を抜いたら、同じ日の晩に彼はそのギターをアンプに通して問題無く演奏することができました!

さらに、より細かな音色の調整を必要とされている方には、バッテリー駆動の新型ステレオ・ピックアップを近日発売予定です。

トラベルバッグについて
パテント取得済みのBG001 Overhead™️トラベルバッグはあなたのトラベルベースの概念を大きく変える事でしょう。BG001は厳選された素材を使用し、サイズはちょうど主要航空会社の手荷物規定(55.5cm x 23cm x 35.5cm)に収まります。トラベルバッグベース以外にも複数のエフェクター/シールド/ノートPC /タブレット/その他のアクセサリーなどを一緒に持っていく事が出来ます。
​一度 Overhead™️トラベルバッグベースで出掛けたら、もう二度と他のトラベルベースに戻る事はないでしょう。そしてきっと他のどんなベースにも。